スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まるこの背中に 
10月の話・・・。

10月19日(日)まるこの背中(腰付近)の出来物の異変に気付く。
前から小さい出来物(イボのようなもの)があったのだけど、様子がおかしい。
前はニキビみたいなポチッとしたものだったのが、カリフラワーのようにボコボコして周りの毛が抜けた。
赤くポカポカしている。
少量の出血もあったが、ガーゼで何度か拭いてるうちに治まった。


DSC_0687.jpg
10月19日




見た瞬間すぐに大丈夫と思った。
なぜなら、この出来物すごく見慣れてるのである。
おっこがシニアになってからこのタイプの出来物が背中にいくつも出来ていた。
脂肪腫の摘出手術の時についでに5~6個取ったこともある。

おっこの時の話だけど、これは段々大きくなって、途中何度もカサブタが剥がれるような感じで皮膚がむける。
そのたびに出血も伴う。


気になったらまずは病院だと思い、次の日さっそく受診。

まずは出来物に針を刺し細胞を顕微鏡検査。
結果は、悪性ではないと思われる。でも、取ったほうがいい。
小さいうちだと術後の傷も小さくて済むし、犬の負担も軽い。

そして、2通りの施術の説明。

①レーザーで焼き切る方法。
局所麻酔で、手術時間は30分くらい、根っこも取れる。

②液体窒素で凍結する方法。
2週間に1回通院して液体窒素で瞬間冷凍。
冷凍・解凍を繰り返しながら出来物を消滅させる。
しかし、根っこは残る可能性が高い。


どっちにする?
と聞かれ、レーザーだな・・・と思いながら先生に逆質問。
『先生の犬ならどうする?』と(笑)
先生は『僕ならレーザー!根こそぎとれるから。』と即答。
だよね~♪じゃレーザーで!
と即決。

そうと決まったらすぐ取っちゃおうってことで、2日後に手術。
当日は念のため朝ごはんとお水抜き。(万が一全身麻酔に切り替わった時のため)


午後1時半に連れて行って、2時過ぎにお迎え。
早かった~。

まるこはそれはそれはお利口だったらしい。
手術台に乗っても大人しく、麻酔注射もへっちゃらで、毛剃りもバッチリ。
レーザーは、焼きながらバキュームで吸い取るらしく、結構な音が出るそうで普通の子はビビッたり、パニックになるらしい。
しかしまるこはヘッチャラで知らん顔してたそうで、押さえる人間必要ないくらい大人しかったらしい。

外面満点がこんなとこで役に立った(笑)


DSC_0695.jpg

お迎えいっても何事も無かったかのように元気でホッとした。
テーピングの斬新さに笑ったけどね(笑)




記録のために傷口の様子を。

DSC_0702.jpg
10月22日

IMG_20141025_232156.jpg
10月25日

DSC_0735.jpg
10月31日

DSC_0772.jpg
11月5日

DSC_0793 (1)
11月9日



あえて縫わずに自然に治すことにした。
1週間→抗生物質飲み薬。
その後塗り薬。

まるこが傷口を全く気にしなかったことと、ガーゼ&テープも嫌がらなかったのが助かった。



シニアになると色々おきてくるな・・・と、実感。

どんなことでも、早めの受診が大切。

そして私、地味~に500円玉貯金スタート(笑)
スポンサーサイト
 
 
まるちゃん、早めに気づいて良かったね。
しかし、このテーピング!!私も大笑いしたはず~(爆笑)!

500円玉貯金、わかるなあ~。
ペットの病院代って高いものね。
私も考えよう。
 
☆りさママ☆

早めの対応で色々な負担が軽くて済んでホッとしたよ。
テーピングの斬新さには拍手(笑)

500円玉貯金、悪魔のささやきに負けそうになりながらも頑張ってます(笑)
いざって時に少しでも足しになればと思って・・・。

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。